16連続初回KO・ベルランガ 「ターゲットはカネロ・アルバレス」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

2016年4月のデビュー以来、16連続初回KOを続けるWBA世界スーパーミドル級6位、WBO9位エドガル・ベルランガ(23歳・プエルトリコ)のマネジャー、キース・コノリー(ジェイコブス、デレイビャンチェンコらを傘下に持つ)は、「2021年に彼をもっとグレードアップし、2022年後半にカネロ・アルバレスとの戦いを実現させたい」と、今後のターゲットを明らかにした。アリ・レイミ(イエメン)の持つ続初回KO記録「21」にあと「5」と迫った、”The Chosen One”(選ばれし者)・ベルランガの今後に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング