WBO通達! スーパーミドル級王者ソーンダース次期防衛戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBOは2度目の防衛に成功したスーパーミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)に対し、今後、10日以内にサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)、またはデメトリアス・アンドラーデ(米)と戦う事を通知されない限り、次戦は指名防衛戦となる事を通達。現在、1位にはカネロがランクされ、2位はザック・パーカー(英)となっている。今日のソーンダースの勝利の後、WBO世界ミドル級王者のアンドラーデは、ソーンダースへの挑戦を強く希望している。今後に注目。

 

ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング