ホリフィールド 「マイク・タイソン次戦相手に名乗り!」 3度目の対決へ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

マイク・タイソン(米)に2勝している、58歳のイベンダー・ホリフィールド(米)が、タイソンの次戦相手に名乗り。11月28日(日本時間29日)にロイ・ジョーンズJr(米)との8ラウンドのエキシビションで、リング復帰したタイソンは、試合後、今後も2ヶ月に一度の割合でエキシビション・ファイトを続ける事を宣言。ホリフィールドとの対戦を希望していた。やる気みなぎらせるホリフィールドは、「準備は出来ている。契約書にサインしましょう」とタイソンに呼びかけ、タイソンも間に人が入るとビジネスが難しくなるから、直接話しをしようと応え、時を経た両選手の因縁の再々戦は実現へ向かっている。

 

ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング