G・B・P世界王者 フランコ&オルティスJr 「MTKグローバルと契約!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

今年8月、米国人世界王者として初めてMTKグローバルとドバイザリー契約を結んだゴールデン・ボーイ・プロモーション所属の、IBF世界スーパーフェザー級王者ジョセフ・ディアスJr(米)に続き、G・B・PのWBA世界スーパーフライ級正規王者ジョシュア・フランコ(米)と、WBA世界ウェルター級ゴールド王者バージル・オルティスJr(米)が、MTKと契約を締結。

 

 

カネロの離脱に加え、フランコvsマロニー再戦興行にG・B・Pの関係者が来なかった事を、フランコのトレーナー、ロベルト・ガルシアに批判されているデラホーヤに取っては、手ごわいアドバイザーが王者と結びついた。今後に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング