GGG・ゴロフキン 「次の指名挑戦者決定戦」 IBF世界ミドル級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・GGG・ゴロフキン(カザフスタン)への、次の指名挑戦者を決める決定戦が、11月14日(日本時間15日)に独・ウォルフスブルクのコングレス・パークで、同級4位パトリック・ヴォイチツキ(独)=14勝(5KO)無敗1分=と、同級6位パトリス・ボルニー(カナダ)=15戦全勝(9KO)=により開催される。ゴロフキンは同級3位(1,2位は空位)の指名挑戦者カミル・シェルメタ(ポーランド)と、11月にも対戦すると見られているが、まだ正式発表には至っておらず、その先の王座の行方を追いかけるような挑戦者決定戦にも見える。今後に注目。

 

【ミニグローブ入荷!】   ペアセット キーリング