10/31 「有観客興行 」 サンタクルスvsデービス WBA世界2階級タイトル戦 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

10月24日(日本時間25日)に米・コネチカット州モントビルのモヒガン・サン・カジノで予定されていた、WBA世界フェザー級&スーパーフェザー級スーパー王者レオ・サンタクルス(メキシコ)と、WBA世界ライト級正規王者ジェルボンテ・デービス(米)の二つ王座(スーパーフェザー級&ライト級)を賭けた戦いは、10月31日(日本時間11月1日)に米・テキサス州サンアントニオのアラモドームヘ移動。7万2千席の収容力がある会場で、どれだけのチケットを売り出すかは不明だが、新型コロナウイルスの感染拡大後、米国で開催される初の有観客興行世界戦となる。

 

【ミニグローブ入荷!】   ペアセット キーリング