ジョシュ・テイラーvsダオヌア・ルアワイキン 「結果」 IBF&WBA世界スーパーライト級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

26日(日本時間27日)、英・ロンドンのBTスポーツ・スタジオで開催された、IBF世界スーパーライト級&WBA同級スーパー王者ジョシュ・テイラー(英)=16戦全勝(12KO)=に、IBF世界同級1位ダオヌア・ルアワイキン(タイ)=16戦全勝(13KO)=が挑んだタイトル戦は、テイラーが初回2分41秒KO勝ち。接近戦で放たれた王者の左アッパー・ボディ一発で挑戦者はキャンバスへ崩れ落ち、呆気なくテンカウントを聞いた。セミファイナルのバンタム級10回戦では、前WBC世界フライ級王者チャーリー・エドワーズ(英)が、カイル・ウィリアムス(英)を10回判定(99-91)に破り、リング復帰。

 

【ミニグローブ入荷!】   ペアセット キーリング