前王者プログレイス 「アル・ヘイモンと契約!」 ブローナー戦希望 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

フリーエージェントとなっていた前WBA世界スーパーライト級スーパー王者レジス・プログレイス(米)=24勝(20KO)1敗=が、アル・ヘイモンのPBCと単戦契約。10月24日(日本時間25日)に米・コネチカット州アンカスビル予定されるデービスvsサンタクルス興行で、フアン・ヘラルデス(米)=16勝(10KO)無敗1分=と、スーパーライト級10回戦で対戦する。王座返り咲きを目指すプログレイスは、来年早々にも元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)=33勝(24KO)4敗1分1NC=との対戦を希望。これが実現すれば、長期契約へ移行すると見られる。

 

【ミニグローブ】   ペアセット キーリング