マグダレノ 契約に署名せず! vsナバレッテ 「WBO世界フェザー級王座決定戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

トップランクが単独の25万ドル(約2670万円)で落札に成功していた、WBO世界フェザーー級王座決定戦。1位エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)と、2位ジェシー・マグダレノ(米)の一戦は、10月中旬に対戦が予定されていたが、マグダレノは報酬に不満を示し期日までに契約に署名しなかった為、WBOは3位のルーベン・ビラ(米)とナバレッテの間で王座決定戦を行う事を決定。マグダレノはWBCで1位にランクされているが、王者ゲーリー・ラッセルJr(米)がウェルター級王者テレンス・クロフォード(米)に対戦オファーを正式に送るなどして、今後の動向は不透明。狙いをWBC王座に変えたかもしれない。

 

 

【ミニグローブ】   ペアセット キーリング