WBO世界バンタム級王者カシメロ 「ラスベガス滞在延長!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

井上尚弥(大橋)選手との対戦が延期された後も米・ラスベガスに滞在し、トレーニングを続けるWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(比)は、試合が決まらない為に一時帰国が検討されていたが、結局、フィリピンには帰らず、このままラスベガスで次の試合決定を待つ事になった。期待される井上選手との王座統一戦。またはラウシー・ウォーレン(米)、ペドロ・ゲバラ(メキシコ)、ジェイソン・マロニー(豪)らとの対戦が待たれます。下写真はカシメロ(右)と、WBOミニマム級王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)。

 

【ミニグローブ】   ペアセット キーリング