【Photo】 マドリモフvsナバロ 「WBA世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBA世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦。同級3位イズライル・マドリモフ(ウズベキスタン)=4戦全勝全KO=vs同級10位チャーリー・ナバロ(ベネズエラ)=29勝(22KO)9敗=。2月29日(日本時間3月1日)、米・テキサス州フリスコ、フォード・センター。

 

 

第6ラウンド、マドリモフの左ボディアッパーでナバロはダウン。

 

 

何とか立ち上がったナバロだが、再開後、弾き飛ばされるように倒れ試合はストップ。

 

 

TKOタイム6回2分24秒。

 

 

世界王座への挑戦権を獲得したマドリモフはバックフリップを披露し勝利をアピール。ジョエル・ディアス・トレーナーとのコンビで、WBA同級正規王者エリスランディ・ララ(キューバ)とのタイトル戦へ挑む。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング