5/2 カネロ・アルバレスvsソーンダース 「対戦同意!」 9月ゴロフキン、12月村田諒太 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

世界一稼ぐボクサー、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が、5月2日(日本時間3日)に米・ラスベガスで予定する次戦の対戦相手は、WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)に決定。来週、記者会見で正式発表される。カネロのファイトマネーは、DAZNとの契約により3500万ドル(約37億1390万円)。ソーンダースには、775万ドル(約8億2240万円)が最終オファーされていた。カネロが勝てば、9月にゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との第3戦を行い、ここも無傷でクリアすれば、12月に村田諒太(帝拳)選手と戦う可能性が高い。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング