ドン・キング落札! 「WBA世界ヘビー級」 正規王者チャーvs暫定王者ブライアン | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

2日(日本時間3日)にパナマシティのWBA本部で入札が開催された、WBA世界ヘビー級正規王者マヌエル・チャー(独)と、暫定王者トレバー・ブライアン(米・下写真)の王座統一戦は、ブライアン擁するドン・キングが200万ドル(約2億1430万円)で落札。最低落札価格は100万ドルで、チャー陣営のグローバル・スポーツは102万ドルだった。ファイトマネーの分配は、チャーが75%の150万ドル(約1億6070万円)。ブライアンが25%の50万ドル(約5360万円)。キングは5月30日(日本時間31日)に、中東、コンゴ、またはラスベガスでの試合開催を計画している。200万ドルの価値があるとは思えぬ、世界ヘビー級戦。キングの手腕に注目。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング