【Photo】ガルシアvsバルガス WBC世界ウェルター級ダイヤモンド王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界ウェルター級ダイヤモンド王座決定戦。元4階級制覇王者マイキー・ガルシア(米)=39勝(30KO)1敗=vs元2階級制覇ジェシー・バルガス(米)=29勝(11KO)2敗2分=。2月29日(日本時間3月1日)、米・テキサス州フリスコ、フォード・センター。

 

 

第5ラウンド。ガルシアの右ストレートでバルガス、ダウン。

 

 

ガルシアの強い右が、バルガスの左フックを上回った。

 

 

公式スコアはキャシー・レナード(米)116-111、デビッド・サザーランド(米)114-113、スティーブ・モロー(米)116-111の3-0。

 

 

エロール・スペンスJr(米)戦での敗北から約1年。再起を果たし、ウェルター級でも戦えることを証明したガルシアは、マニー・パッキャオ(比)との対戦を希望。プロモーターのエディ・ハーンは、7月11日(日本時間12日)にサウジアラビアでの開催を目指している。米国での戦いでは過去の税金問題がネックとなるパッキャオに取って、サウジアラビア開催は望むところで実現が期待される。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング