ローマン・ゴンサレス 「7月、日本で井岡一翔と戦う!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

3年ぶりに世界王座に復帰した4階級制覇のWBA世界スーパーフライ級正規王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は、7月に日本でWBO王者井岡一翔(Reason大貴)選手との王座統一戦を実現させたい考えを示唆。今後、2週間の休暇に入るロマゴンは、「ビジネスはどう動くかわからないが、井岡戦を本当に考えている」と述べている。2013年、WBA世界ライトフライ級スーパー王者だったロマゴンと、正規王者井岡選手は入札が指令されたが、入札は回避。「統一戦はラスベガスでやるべきと相手陣営と意見が一致した」(井岡一法プロモーター)とされていたが、ロマゴン陣営は対戦先延ばしに対する補償金8万ドルを受け取ったとされている。さて、果たして今度はどうか。今後に注目。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング