協栄新宿ジム 「瀬藤幹人会長・プロ加盟!」 新スタート | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

昨年12月に実質的オーナーとのトラブルを理由に金平桂一郎氏が休会届を提出。プロ活動停止となっていた協栄ジムが、元日本スーパーバンタム級暫定王者の瀬藤幹人氏を会長に立て、「協栄新宿ジム」として東日本ボクシング協会に新規加盟。宙に浮いていた選手、スタッフの多くは再移籍して、プロ活動を再開する。協栄ジム生え抜きの瀬藤氏は、「ボクシングに人生をかけている選手達は、たくさんいます。私も選手だった時、そうでした。その選手達のために、私が会長を引き受けることになりました」と自身のブログで心境を明かしている。瀬藤会長、ジムには出きるだけ顔を出して、4回戦一つでも選手の試合は見に行ってくださいね(笑)。頑張って良い選手を育てて下さい。期待しています!。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング