5/6 コンセプシオンvs4戦全勝カルモナ 「WBA世界フライ級暫定戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

7日(日本時間8日)にパナマシティでWBA世界フライ級暫定王座を獲得した、新王者ルイス・コンセプシオン(パナマ)=39勝(28KO)8敗=の初防衛戦が早くも決定。5月6日(日本時間7日)にロシア・ロストフで、同級7位サミュエル・カルモナ(スペイン)=4戦全勝(3KO)=の挑戦を受ける。カルモナは2016年リオ五輪代表から昨年9月にプロ転向。ロシアのパトリオット・プロモーションと契約する23歳。34歳の返り咲き王者と、プロキャリア僅か13ラウンドの新鋭の対決。興味深い一戦です。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング