ペレスvsアルボレダ 「結果」 WBA世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

8日(日本時間9日)、米・ペンシルベニア州アレンタウンのPPLセンターで開催された、WBA世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦。同級3位ジェイソン・ペレス(プエルトリコ)=29勝(21KO)5敗1分=と、同級10位ハイメ・アルボレダ(パナマ)=15勝(13KO)1敗=の一戦は、アルボレダが判定勝ち。大激戦となった戦いは、最終ラウンドにダウンを奪ったペレスが僅かに優位かと思われたが、アルボレダの手が挙がった。スコアは114-113、114-113アルボレダと、115-112ぺレスの2-1。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング