田中恒成 「WBO世界フライ級王座返上!」 4階級制覇へ・井岡一翔戦希望 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBO世界フライ級チャンピオン田中恒成(畑中)選手が、1月31日付けで世界王座を返上。スーパーフライ級で4階級制覇を目指す考えを明らかにした。田中選手は戦ってみたい相手として、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダと、WBO王者の井岡一翔選手の名前を挙げ、畑中清詞会長は、「交渉はまだ。WBOのルールに則って進める」と話した。今後、ノンタイトル戦を挟みスーパーフライ級王座挑戦の時を待つ事になるが、WBOスーパー王者として承認されていた田中選手は、階級を上げた場合、優先的に王座に挑戦できる権利が与えられる。今後の動向に注目。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング