テイラーvsダオヌア 「興行権はトップランクへ!」 IBF世界スーパーライト級指名戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

1月24日(日本時間25日)に米・ニュージャージー州スプリングフィールドのIBF本部で開催された、スーパーライト級指名戦。王者ジョシュ・テイラー(英・下写真)vs同級1位ダオヌア・ルアワイキン(タイ)の入札で、132万ドル(約1億4300万円)を提示し、126万ドル(約1億3660万円)のトップランクを押え落札に成功していた、ダオヌア擁するサンプソン・リューコーイッツは、期日までに残代金の入金が出来ず権利を失い、変わってトップランクが興行権を獲得。ファイトマネーの分配は、テイラーが65%の81万9千ドル(約8880万円)。ダオヌアは35%の44万1千ドル(約4780万円)となる。試合は5月に英国で開催の予定。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング