WBC世界ヘビー級暫定王者ホワイト 次戦 vsポベトキンorルイスJr | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

4月に予定されるWBC世界ヘビー級暫定王者ディリアン・ホワイト(英)の次戦は、エディ・ハーンにより、アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)と、アンディ・ルイスJr(米)にオファーされていたが、ルイスJrは対戦を見送ることを決定。ホワイト戦に意欲を見せているポベトキンと対戦する可能性が強くなった。英国開催が有力だが、米・ニューヨークで行われる可能性もある。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング