WBO指令! 「クルーザー級挑戦者決定戦」 プラソビッチvsプハロ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

22日(日本時間23日)、WBOは世界クルーザー級挑戦者決定戦を、3位ディラン・プラソビッチ(モンテネグロ・下写真)=13戦全勝(10KO)=と、4位エディン・プハロ(ボスニア)=19戦全勝(18KO)=により行う事を指令。交渉期間は15日間で、対戦合意に達しない場合は入札となり最低落札価格は30万ドルとなっている。

 

 

現在、王座は空位で1位の元王者クジストフ・グロワッキー(ポーランド)と、2位ローレンス・オコリー(英)による王座決定戦は、3月下旬から4月にかけて開催される予定。また、WBOは3月21日(日本時間22日)にラトビア・リガで行われる、ブリエディスvsドルティコスのIBF戦勝者が希望すれば、統一戦を優先するとしている。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング