【Photo】 グラムイリアンvsベジェナル 「計量」 WBA世界クルーザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

28日(日本時間29日)にフランス・マルセイユのパレ・デ・スポール・ドゥ・マルセイユで開催される、WBA世界クルーザー級スーパータイトル戦。スーパー王者アルセン・グラムイリアン(アルメニア)vs8位コンスタンティン・ベジェナル(モルドバ)の前日計量が同地で行われた。

 

 

グランムイリアンは、89.3キロ。べジェナルは、90.15キロで計量をパス。

 

 

WBA立会人は、ジェスパー・D・ジェンセン(デンマーク)。

 

 

前戦から約1か月半のスパンで試合に挑む王者クラムイリアンは、25戦全勝(17KO)。米・ニューヨークに住み米国リングでキャリアを積んで来た挑戦者ベジェナル は、14戦全勝(4KO)1NC。王者優位は動かないが、果たして結果は。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング