IBF指令! ジョシュアvsプーレフ 「世界ヘビー級指名戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBFは世界ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(英)と、同級1位クブラト・プーレフ(ブルガリア)の指名戦を指令。来年1月11日(日本時間12日)までに対戦合意に達しない場合は入札となり、ファイトマネーの分配はジョシュア65%、プーレフ35%となる。ジョシュアはWBOから1位アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)と、6月4日までに対戦する事を指令されているが、プロモーターエディ・ハーンは、WBOと調整を取り、どちらのベルトも護って行く方向性を示している。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング