ディリアン・ホワイト 「WBC世界ヘビー級暫定王座復帰!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

9月に行われたWBC世界ヘビー級暫定王座決定戦で、オスカル・リバス(コロンビア)に判定勝ちし王座を獲得したディリアン・ホワイト(英)は、英国での薬物検査を監督するUKADが実施したランダムな検査で、陽性反応が出たことが明らかになり、暫定王座を剥奪されていたが、WBCはこの処分を撤回。ホワイトは暫定王座に復帰し、来年2月22日(日本時間23日)に米・ラスベガスで行われる、ディオンテイ・ワイルダーvsタイソン・フューリーのタイトル戦勝者への指名挑戦者として確認された。

 

ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング