ジャモール・チャーロvsデニス・ホーガン 「結果」 WBC世界ミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

7日(日本時間8日)、米・ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センターで開催された、PBC興行のメイン。WBC世界ミドル級タイトルマッチ。王者ジャモール・チャーロ(米)に、同級5位デニス・ホーガン(豪)が挑んだ一戦は、チヤーロが7回28秒TKO勝ち。予想圧倒的有利なチャーロは、4回、左アッパーでダウンを奪うが、足を使い動くホーガンを捕まえるのに一苦労。しかし、迎えた第7ラウンド開始早々、左フック一発で試合を終わらせた。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット ★キーリング