3/17 へリングvsフランプトン 「WBO世界スーパーフェザー級戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

元2階級制覇王者カール・フランプトン(英)が、来年3月17日(日本時間18日)に米・ニューヨークでWBO世界スーパーフェザー級王者ジャメル・ヘリング(米)へ挑戦する計画が浮上。フランプトンは11月30日(日本時間12月1日)に米・ラスベガスで、タイラー・マクリーリー(米)=16勝(7KO)無敗1分=とのフェザー級10回戦が決まっている。この試合は昨年12月にジョシュ・ワーリントン(英)の持つIBF世界フェザー級王座挑戦に失敗して以来の再起戦となるが、フランプトンは3階級制覇のチャンス到来に自信満々。今後の動向に注目。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット ★キーリング