1/31 ファーマーvsディアスJr 「IBF世界スーパーフェザー級戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBF世界スーパーフェザー級王者テビン・ファーマー(米)と、WBA同級ゴールド王者ジョセフ・ディアスJr(米)のタイトル戦が、来年1月31日(日本時間2月1日)に米・フロリダ州マイアミ開催で対戦合意に近づいている。ディアスは9月のクアドロ戦で左手を負傷したが、回復しトレーニングに復帰。ファーマーはディアスJr側からのオファーを受ける意向を明らかにしている。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング