チャベスJr 「VADA薬物検査拒否!」 vsジェイコブスは微妙 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)が、先週、米・カリフォルニア州ロサンゼルスのワイルドカード・ボクシング・クラブでのVADAによる薬物検査を拒否。これにより、チャベスJrは、11月20日(日本時間21日)にネバダ州アスレチック員会による聴聞会で審理を受けることになり、12月20日(日本時間21日)に米・ラスベガスで予定される、ダニエル・ジェイコブス(米)戦への出場は微妙に。早くもチャベスJrの代理としてガブリエル・ロサド(米)が、ジェイコブスの対戦相手として名前が挙がっている。