カネロ・アルバレス 「クルーザー級王座にも食指!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

11月2日(日本時間3日)に米・ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで、WBO世界ライトヘビー級王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)に挑戦する、3階級制覇王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)は、コバレフに勝てば将来的にクルーザー級王座獲得へ乗り出す考えを示唆。目の前のハードルであるコバレフ戦に関しては、「十分な準備をする事が出来た」と強い自信を見せている。