プログレイスvsテイラー 「結果」 WBSSスーパーライト級決勝戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

26日(日本時間27日)、英・ロンドンのO2アリーナで開催されたワールド・ボクシング・スーパーシリーズのスーパーライト級決勝戦。WBAスーパー王者レジス・プログレイス(米)=24戦全勝(20KO)=と、IBF王者ジョシュ・テイラー(英)=15戦全勝(12KO)=の一戦は、テイラーが判定勝ち。スコアは115-113、117-112、114-114の2-0。両選手は立ち上がりから激しいペース争いを展開。プイレスをかけるテイラーと、外しながらパンチを合わせるプログレイスは最終ラウンドまで激戦を繰り広げたが、小差でテイラーが王座統一に成功。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング