【Photo】 53戦無敗ワンヘンvs1位コンコ 「計量」 WBC世界ミニマム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

25日、タイ・チョンブリでゴングを迎えるWBC世界ミニマム級タイトルマッチの前日計量が同地で行われた。53戦全勝(18KO)の王者ワンヘン・カイヤンハーダオジム(タイ)と、同級1位シンピウェ・コンコ(南ア)は、共にリミットの105ポンドで計量をクリアした。

 

 

無敗王者のV12を阻止しようとするコンコ=19勝(7KO)5敗1NC=は、2015年9月に同国人のヘッキー・ブトラーが保持していたWBA世界同級王座に挑戦し判定負けを喫して以来、2度目の世界アタックとなる。