WBC ロマチェンコを”フランチャイズ”王者に指名! | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCはライト級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を、フランチャイズ・チャンピオンとする事を決定。ミドル級のサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)に続く、WBC2人目のフランチャイズ王者認定となるが、世界的に好意的意見は出ておらず、WBAのスーパー王座よりも悪いという意見も多数。どちらもどちらだが、フランチャイズというネーミングは、いまいちですね。