ロマチェンコvs井上尚弥 「スーパーフェザー級」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

ライト級でメジャー4団体の王座統一を目指すワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は、日本のモンスター、井上尚弥(大橋)選手がスーパーフェザー級に上げて来るなら対戦を承諾する事を示唆。ボブ・アラムは以前からこアイディアをほのめかしており、井上選手の今後の動向が、海外のファン、関係者からも注目を集めている。まずは来月行われるノニト・ドネア(比)戦クリアが条件。しかし、その先が楽しみになって来ました。