10/26 メンデスV1戦 「挑戦者変更!」WBO世界ミニマム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

10月26日(日本時間27日)にプエルトリコ・トルヒージョ・アルトのルベン・ザヤス・モンタニェス・コロシアムで初防衛戦に挑む、WBO世界ミニマム級王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)=14勝(5KO)1敗=の挑戦者が変更。当初決まっていた、同級14位ガブリエル・メンドサ(コロンビア)がビサの取得に問題が発覚。プエルトリコ入国が困難となり、急遽、ノーランクのアレックス・アラゴン(メキシコ)=13勝(8KO)2敗1分=が代理挑戦者となる。両者は昨年9月に対戦し、メンデスが大差の判定勝ちを収めている。