11/30 フランプトン&バルデス 「正式発表!」 トップランク興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

トップランクが11月30日(日本時間12月1日)に米・ラスベガスのコスモポリタンホテル&カジノで開催するカードを正式発表。元2階級制覇王者カール・フランプトン(英)は、ルイス・オーランド・デル・バレ(32歳・プエルトリコ)=25勝(19KO)3敗1NC=との対戦を計画していたが、ネバダ州コミッションはこれを却下。変わって、タイラー・マックレアリー(米)=16勝(7KO)無敗1分=と、128ポンド契約10回戦でグローブを交える。

 

 

WBO世界フェザー級王座を返上したオスカル・バルデス(メキシコ)のスーパーフェザー級転向第一戦は、WBC世界同級7位アンドレス・グティエレス(メキシコ)=38勝(25KO)2敗=と行われる。フランプトン、バルデスがそれぞれ勝利すると、次戦で対戦の可能性が高いと見られており、ファイトぶりが注目される。