WBA指令! 「バリオスvsアフメドフ」 世界スーパーライト級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBAはスーパーライト級正規王者マリオ・バリオス(米)と、3位バティル・アフメドフ(ウズベキスタン)の再戦を指令。交渉期間は30日間で、対戦合意に達しない場合は入札となる。両選手は、9月28日(日本時間29日)に米・ロサンゼルスで行われた王座決定戦で顔を合わせ、バリオスが114-112、115-111、116-111のスコアで勝利したが、アフメドフ陣営は判定に不服を唱え、即時再戦を求めていた。