11/9 ソーンダースvs29戦無敗コセレス 「WBO世界スーパーミドル級戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

11月9日(日本時間10日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されるDAZN興行で、米国デビュー戦を行うWBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)の初防衛戦は、当初予定されたランク外のデニス・ダグリン(米)=22勝(14KO)6敗=が、WBOが承認せず頓挫。今度は主要4団体ランク外ながら、28勝(15KO)無敗1分の記録を持つマルセロ・エステバン・コセレス(亜)が、挑戦者として名前があがっている。果たしてWBOの承認は得られるのか。今後に注目。