【Photo】バランチェクvsブラセロ WBAインターコンチネンタル・スーパーライト級王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBAインターコンチネンタル・スーパーライト級王座決定戦。前IBF世界スーパーライト級王者イバン・バランチェク(ベラルーシ)=19勝(12KO)1敗=vs元NABFスーパーライト級王者ガブリエル・ブラセロ(プエルトリコ)=25勝(6KO)3敗1分=。10月5日(日本時間6日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン。

 

 

足を使うブラセロに対し、バランチェクは体ごと叩きつけるような左右フックで迫った。

 

 

バランチェクの攻勢の前に、たじたじのブラセロ。

 

 

バランチェクの左ボディで動きが止まったブラセロに強烈な右が追い打ち。

 

 

ブラセロはバランチェクの体にしがみつくように前に倒れ込み、アーサー・マーカンテJr(米)主審はダウンを宣告。

 

 

立ち上がったブラセロだが、試合はここでストップ。

 

 

TKOタイム4回1分30秒。

 

 

WBA立会人は、アウレリオ・フィエンゴ(パナマ)。

 

 

ジョエル・ディアス・トレーナーとの新コンビで再起を飾ったバランチェクは、パワー全開の勝利に「野獣”The Beast”が帰って来た!」とご機嫌。世界王座奪回へ向けた、今後のマッチメイクが注目される。