WBC世界フライ級王座返上! チャーリー・エドワーズ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界フライ級王者チャーリー・エドワーズ(英)は、減量苦の為に階級を上げることを理由に王座を返上する意思をマウリシオ・スライマンWBC会長に通達。空位となる王座は、エドワーズとの再戦を指令されていた1位フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)と、2位の前王者クリストファー・ロサレス(ニカラグア)で争われる可能性が高い。