ディレルvsベナビデス 「結果」 WBC世界スーパーミドル級王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

28日(日本時間29日)、米・ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されたPBC興行のセミファイナル。WBC世界スーパーミドル級王座統一戦。正規王者アンソニー・ディレル(米)=33勝(24KO)1敗1分=と、休養王者デビッド・ベナビデス(米)=21戦全勝(18KO)=の一戦は、ベナビデスが9回1分39秒KO勝ち。激しいペース争いが繰り広げられた試合は、6回にディレルが右瞼をカットすると、一気にベナビデスのぺースに。迎えた第9ラウンド、ベナビデスの連打を浴びたディレル陣営はコーナーに上がり棄権の意思表示を示し、試合は終了。