バリオスvsアフメドフ 「結果」 WBA世界スーパーライト級正規王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

28日(日本時間29日)、米・ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されたPBC興行。WBA世界スーパーライト級正規王座決定戦。2位マリオ・バリオス(米)=24戦全勝(16KO)=と、3位バティル・アフメドフ(ウズベキスタン)=7戦全勝(6KO)=の一戦は、バリオスが判定勝ち。スコアは114-112、115-111、116-111。長身バリオスは第4ラウンド開始早々、右ストレートを効かせ、続く左フックでアフメドフをダウン。しかし、5回以降はサウスポー、アフメドフのインファイトに大苦戦。最終ラウンド終了間際、右カウンターでダウンを奪ったが、顔面を腫らし苦しい戦いだった。バリオスは左を機能させることが出来ず、サウスポーが苦手の印象を残した。