前WBC王者クリストファー・ロサレス 「WBO5位!」 世界フライ級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

前WBC世界フライ級王者クリストファー・ロサレス(ニカラグア)が、最新WBOランキングでフライ級5位にランクイン。世界王座カムバックを狙うロサレスは、現在、WBA1位、WBCは2位にランクされ、WBC王者チャーリー・エドワーズ(英)と、1位フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)の再戦交渉の結果待ちで、エドワーズが王座返上なら王座決定戦出場の線もあるが、WBOランキングに入ったことでチャンピオン田中恒成(畑中)選手へ挑戦の可能性も出て来た。「誰と戦う事も厭わない」と言うロサレスは、年末までに世界王座復帰への道が決まることを希望している。