WBO指令! 「スーパーミドル級挑戦者決定戦」 1位バジニヤンvs2位マードック | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBOはスーパーミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英・下写真)への次期指名挑戦者を決める決定戦を、1位エリック・バジニヤン(カナダ)=23戦全勝(17KO)=と、2位ロアン・マードック(豪)=24勝(17KO)1敗=で行うことを指令。交渉期間は15日間で、対戦合意に達しない場合は入札となり、最低落札価格は30万ドル(約3250万円)となっている。DAZN傘下となった王者ソーンダースは、11月9日(日本時間10日)に米・ロサンゼルスで初防衛戦(対戦相手未定)を予定している。