ムンギアvsアロティ 「ファイトマネー」 WBO世界スーパーウェルター級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

14日(日本時間15日)、米・カリフォルニア州 カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークで開催される、ゴールデン・ボーイ・プロモーション主催のDAZN放映興行のファイトマネー。メインのWBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ。王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)は、100万ドル(約1億800万円)。挑戦者の同級13位パトリック・アロティ(ガーナ)は、7万5千ドル(約810万円)。

 

 

WBC世界女子スーパーミドル級&WBO世界女子同級王座決定戦。WBC王者フランション・クルーズ・デズルン(米)は、6万5千ドル(約700万円)。WBC挑戦者マリセラ・コルネホ(米)は、4万5千ドル(約490万円)。NABOライト級タイトルマッチ。王者でWBO10位のロメロ・ドゥノ(比)は、3万5千ドル(約380万円)。挑戦者イバン・デルガド(米)は1万5千ドル(約160万円)。