ダニエル・ローマン 「左肩負傷」 WBA指名戦キャンセル! | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBF世界スーパーバンタム級&WBAスーパー王者のダニエル・ローマン(米)は、13日(日本時間14日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアターで予定していた、WBA2位ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)との指名戦をキャンセル。スパーリング中に左肩を痛めたためで、エディ・ゴンサレス・マネジャーは、MRI検査の結果を受けて明日、手術するかどうかを判断するという。