WBA最新ランキング 「ライト級1位ジェルボンテ・デービス 」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBAは最新ランキングを発表。スーパーフェザー級スーパー王者だったジェルボンテ・デービス(米・下写真)が、ライト級1位にランクされた。2位には前回4位のユリオルキス・ガンボア(キューバ)が浮上。両選手による空位の正規王座決定戦開催が有力視されている。フライ級では前回1位ノクノイ・CPフレッシュマート(タイ)と、2位の前WBC王者クリストファー・ロサレス(ニカラグア)が入れ替わり、ロサレスが1位にアップ。月間MVPはライト級スーパー王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)。優秀選手にはウェルター級新ゴールド王者バージル・オルティス(米)が選出されている。