10/12 ウシク 「ヘビー級転向第一戦」 vs 13戦全勝(12KO)スポーン | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

10月12日(日本時間13日)に米・イリノイ州シカゴのウィントラスト・アリーナで開催されるDAZN興行でヘビー級転向第一戦を行う、元クルーザー級統一王者アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)の対戦相手は、13戦全勝(12KO)のWBO5位タイロン・スポーン(オランダ)が相手。ただし、スポーンは8月31日(日本時間9月1日)に、メキシコ・メリダでジェイソン・ミンダ(エクアドル)14勝(8KO)1敗1分=と戦う事が決まっており、これに勝つことが条件となるが、これまでの対戦相手の質からしてスポーンの取りこぼしはなさそう。