11/2 セルゲイ・コバレフ 「カネロ戦OK!」 WBO世界ライトヘビー級王者 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

24日(日本時間25日)にロシア・チェリャビンスクで、指名挑戦者のアンソニー・ヤード(英)=18戦全勝(17KO)=を、11回TKOで破ったWBO世界ライトヘビー級王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)=34勝(29KO)3敗1分=のマネジャー、イージス・クリマスとトレーナーのバディ・マグガートは、11月2日(日本時間3日)に米国開催とされる、サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)との対戦にゴーサイン。36歳のコバレフは、残り少ないキャリアをビッグな対戦相手との戦いで締めくくりたい考えを明らかにしている。

 

 

これに対し、マッチルームUSAのエディ・ハーンは、カネロはWBO世界ミドル級王者デメトリアス・アンドラーデ(米)と戦うべきだと主張。世界で一番稼ぐボクサー、カネロが果たして誰を選ぶのか。今後に注目。