田中恒成vsジョナサン・ゴンサレス 「結果」 WBO世界フライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

24日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで開催されたWBO世界フライ級タイトルマッチ。チャンピオン田中恒成(畑中)選手=13戦全勝(7KO)=に、同級1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)=22勝(13KO)2敗1分1NC=が挑んだ一戦は、田中選手が7回2分49秒KO勝ち。試合は3回、王者が右ボディで先制のダウンを奪うが、続く4回には挑戦者の左フックで王者がダウン。体格、パワーで勝る王者は動くゴンサレスにタイミングを外され、なかなか捕まえることが出来なかったが、7回、強引に出た田中選手はボディブローで3度のダウンを奪い。留飲を下げた。

 

 

WBCユースフライ級王者畑中建人(畑中)=9戦全勝全KO=選手が、WBC世界ライトフライ級11位ジェイセバー・アブシード(比)=19勝(12KO)8敗=とグローブを交えた51・2キロ契約10回戦は、ダウン応酬の末に畑中選手が判定勝ち。スコアは95-93、96-93、96-92。